秋の朗読。

すっかり涼しくなっちゃって。
てゆ~か津金じゃ寒いっす。
ストーブ登場も時間の問題。。。

そんな秋のひとときに
朗読会がありますので
よかったらいらしてください。

今度の土曜日です。

9月19日(土)午後2時半~3時半
すたま森の図書館にて(無料)
ブックサロンの開催です。

地味に続けてる朗読の
かなり貴重な発表会です☆
今回ボクは秋らしいもので
分かりやすいものを選びました。

就任した鳩山総理大臣も
未知との遭遇。。。なんて言って
この秋注目の?SFファンタジーです♪

『銀色の幻想』 那須田 淳

よろしくお願いしま~~す!

100_2269
画像は。。。
家の工事は着々と進んで
基礎工事が終わりました~~☆
1階の間取りがよく分かります。
今週から木工事が始まるよ。
100_2245
それから、う~たん。
おかげさまで1歳3ヶ月、
すくすくにこにこ成長ちゅ~☆
あんよの練習は大好きだけど
ひとりではまだ歩きません。
まぁゆっくりゆっくりでいいね~♪
100_2229

| | コメント (0)

沖縄通い婚。

105_8336

こないだ沖縄で見つけて
思わず買っちゃいました。

2泊3日のウチナー暮らし。

短い休暇を利用しながら
足しげく沖縄に通ってる人たちの
偏愛ぶりを描いています。

ほとんどの人が月イチ以上ペース。
ボクなんて足元にも及ばないけど
なんだか通じるものを感じてね~。

那覇に通ってる人が多いけど
馴染みの居酒屋に行ったり
三線を習いに行ったり
特に何もしなかったり
友達に会いに行ったり
ただただ通っちゃってる人たち。

そんなに行きたきゃ住んじゃえば?
と思われるかもしれないけど
沖縄に通うことが楽しいし
それが人生の糧になってるんだね~。
分かる。分かるよ~~その気持ち☆

ボクも2泊3日で沖縄に行ってるので
自分と重ねて読んでましたけど
う~~ん、まだまだ足りませんね~。
せめて2ヶ月に一度は行かないと!!
通い婚までの道のりは、遠いなぁ~。
だって今度は5月でしょ~。
あ~~行きたいなぁ~。
妄想しちゃうなぁ~。。。。。。。。。

編者は、下川裕治さん。
アジア貧乏旅行のカリスマですが
この頃は沖縄に通い婚もしてます。
見事な二股ぶりに脱帽です。
やっぱり年季が違いますね~~。

| | コメント (0)

カフェ・ビエンチャン大作戦。

読書の秋のおすすめですよ。

103_6459_r1

人生にうんざりするとき。
今ある自分にうんざりするとき。

そんなとき。。。どうする?
そしてふと、思いつく。
ラオスの首都ビエンチャンで酒場をやろう♪
酒場の名前は、カフェ・ビエンチャン。。。

とどまることが、おれはいやだと
札幌とビエンチャンを行ったり来たり。
古い家を借りて、ドタバタの改装をしながら
手作りで開店準備に翻弄する日々。。。

日本がイヤなら逃げ出してしまえ!
50歳を目前にした男の無謀な作戦は
酔っ払いながら無茶苦茶に進んでいく。

ばかばかしい。
ばかばかしすぎて、すがすがしい。
うらやましいほど突き抜けている。
生きてるうちに楽しまなくちゃね。

やりたいことをやる自由。
やろうと思ってやり続ける強引さとお気楽さ。
まぁ、どうにかなる!

楽しみながら転がっていく。
転がりながら出会っていく。
出会いながらつながっていく。

そんな人生でありたい!!
まだまだこれからだもんね~~~♪

| | コメント (4)

嫌われ松子。

今回の旅は電車だったので
本が読めたことは、とても楽しかった。
はじめからそのつもりだったので
何を持って行こうか迷ったけど
やっぱりこれにして、大正解っす☆

100_5585

『嫌われ松子の一生』

きっと読んでる人もいるだろうし
映画にもなってヒットしてるし、ドラマもやるので
あらすじはまぁいいとして、
とにかく転がりまくる彼女の人生に
引き込まれてしまう大傑作ですね~。

各駅停車の旅だったので
電車に乗ってる時間は1時間とか
2時間とか3時間だったけど、読んでたら
面白すぎてあっという間って感じ。

ふたつの物語の構成も
気持ちよくシンクロしてて素晴らしい。
上下合わせて700ページにもなる長編だけど
次から次へと巻き起こる展開で飽きさせない。

ボクは、とても好きです。
読んでてホントに楽しかった♪
北陸を旅しながら、もうひとつ別の世界へ
旅をしていたような、そんな感じでした☆

103_5890

ちなみに、ドラマは明日からっす。
主役の松子は内山理名。
「大奥」で、いい演技してたよね。
原作のイメージは、かなり近いです。
ただ、映画の派手なキャストに比べると
全体的に少々地味目ではありますが。。。
しかも「コトー」の裏だなんて。。。
どっちを録画するか迷うなぁ~~。

| | コメント (0)

沖縄にとろける。

沖縄への旅の途中で読んでいたのは
この2冊の本です。

まずは、よしもとばなな「なんくるなく、ない」
沖縄(ちょっとだけ奄美)旅の日記ほか
100_5137_r1
はじめて沖縄に行った時のことや
それから何回も通うようになった時のこと。
沖縄本島だったり、波照間島だったり
石垣島だったり、奄美大島だったり。。。

旅を重ねていくことで、見えてくることや
分かってくることや、感じていくこと。
好きなっていく気持ちが、よく分かる気がする。

実は今回は、奄美大島に行こうか迷っていたので
なんだかボクの気持ちにすんなりと入ってきた。
いつかは、行ってみたいな~奄美大島☆

いつものことながら
原マスミのイラストがすんばらしい!
とにかく、世界観に惹かれます。
自分の中に眠っている何かを
呼び覚ましてくれる絵です。

それから、下川裕治「沖縄にとろける」

下川裕治と言えば、
アジア貧乏旅行者のカリスマ☆
ボクも20代の後半は、彼の本を読んで
アジアの国々に思いをめぐらせてました。
そんな下川さんが書いた、沖縄の本。
100_5141_r1
やっぱりね、アジア経由で沖縄にたどり着いた
彼の視点は、沖縄にあるアジア的なものを
リアルに感じ取っていておもしろい。
ボクもまずはアジアが好きになって、
タイとかバリとかネパールを旅してから
沖縄にたどり着いたので、よく分かる気がする。

とにかくね、タイトルが抜群です。
沖縄にとろける。。。よすぎます。
さすがはアジアに沈没していた方ですな。
はぁ。。。もっと、とろけたい。。。
帰る頃に読んでいたので、なおさらそう思った。

沖縄は風の島だと思う。

ボクも、そう思う。
あぁ。。。また、風に吹かれたい。

そして、こう思う。
あぁ。。。沖縄にとろけたい。

| | コメント (0)

アルゼンチンババア。

名前につられて借りてきた。
装丁も豪華でキラキラっす。
ここのところよく降る
夕立ちの雨の音を聞きながら
一気に読んでしまった。

よしもとばななの
アルゼンチンババア。
103_4849_r1
人が生きたり死んだりする
毎日の暮らしの中で
思いがけないことがあるけど
幸せはきっと毎日の
些細なことの中にあると
そんな風に思わせてくれる。

街のはずれのぼろぼろのビルが
アルゼンチンビル。
そこに住んでる変わったおばさんが
アルゼンチンババア。

父親とアルゼンチンババアと私。
奇妙にシンクロしていく思い。
キレイはキタナイ。
キタナイはキレイ。

よりによってさあ。。。
アルゼンチンババアだなんて、
もうお父さん町内中の笑い者だよ、
言いたくないけどさ。。。

「言わせておけ。
俺が、幸せなら、なんでもいいんだよ」

印象的な父親の台詞。
なんだか妙に説得力があって
それでいてちょっと切なくて
それでもとてもうらやましいと思えた。

| | コメント (6)

海のふた。

久しぶりに本を借りていた。
連休が始まった時点で
あんまり調子がよくなかったので
本を読んで過ごそうと借りて来ていた。

よしもとばなな。
ボクは、けっこう好きです。
なんかこう、言葉がすんなり入ってくる。
疲れてる時は、特に染み込む気がする。

まずは「なんくるない」
沖縄を舞台にした、ちょっと切ない物語。
なんだか、いろんな人に会って
いろんな所に行って、いろんな物を食べて
いろんな気持ちになるような、
そんな旅がしてみたいと思えた。

そして、自分を取り巻くいろんなことが
なんくるないと笑えるような旅がしたい。
103_4732_r1
つぎは「海のふた」
西伊豆を舞台にした、自分探しの物語。
足りない気持ちを埋めるように
いろんなことに感謝して、大切にすること。
自分に起こってくることを受け止めて面白がり、
味わうことを忘れないようにすること。

今の自分に足りていないことは
どんなことでも受け止めて、面白がること。
慣れてきて忘れてしまったことを
もう一度ちゃんと思い出すこと。
そうすれば、きっと新しい何かに
また会えるような、そんな気がした。

103_4748_r1

| | コメント (2)

琉球紅型。

101_2308_r1

琉球紅型 いいよね~

101_2315

色と カタチが いいよね~

101_2320

組み合わせが また いいよね~

101_2316

こ~ゆ~ 渋いのも いいよね~

りゅうきゅうびんがた 欲しいなぁ~♪

| | コメント (3)

旅の紙芝居。

101_2057

椎名誠の 旅の紙芝居

いろんな国の いろんな写真を 見てたらさぁ~

なんだか 旅に出たく なっちゃったなぁ~

ここじゃない どこかで

ここじゃない 風に 吹かれて

ただの 旅人に なってみたいなぁ~

| | コメント (0)

沖縄・離島情報。

101_1998_r1

5年前 はじめて 沖縄に 行ったとき

お世話になった 離島情報

こないだ 沖縄に 行ったときも

いろいろ お世話になりました

スズキコージ画伯の 表紙がスキで

何度も ペラペラ めくりながら

島への 思いを つのらせていた

そろそろ だいぶ くたびれてきたので

101_1997_r1

新しいのを 買っちゃった

今度の表紙は 名嘉睦稔の 版画です

見てるだけで 行きたい。。。そんな 感じ

行く予定?。。。今のところ ありません

が。。。密かな 野望は なくしてません♪

ところで。。。この雑誌の 出版社が

なんと とっても 近くに ありました

まさか 北杜市が 沖縄に つながってるなんて。。。

林檎プロモーション  http://www.ringo.ne.jp/index.html

101_2049

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

| | | | | | | | | | |