« 母と妹へ贈るもの。 | トップページ | 雪の夜はひとり。 »

声に出して読むということ。

縁あって
朗読サークルに参加しました。
人前で本を読むのなんて
何年ぶりのことだろう。。。

新年の初読み会ということで
好きなものを選びました。
あれやこれやと迷うのも
なかなか楽しかったです。

時間のことも考えて決めたのは
宮沢賢治の『めくらぶどうと虹』
声に出して読むのならば
宮沢賢治がいいと思ってね。

何回か練習もしましたよ。
声に出して読むことで
いつもの読書とは明らかに
違う心地を感じていました。

少し緊張したけれど
眠っていた何かが起きたようで
よろこびのようなものがありました。

学生時代にやっていた
芝居をやめてもう15年。。。
やっとあの頃の自分が好きだったことに
向き合おうと思えたのかもしれません。

それは、声に出して読むということ。

|

« 母と妹へ贈るもの。 | トップページ | 雪の夜はひとり。 »

「僕」カテゴリの記事

コメント

エッツィーど~も!
朗読かなり楽しいですよ~。
最近は本ばかり読んでいて
朗読ネタを探してま~~す♪

投稿: さぁくん。 | 2008-01-27 09:48

いいなぁ(*´Д`*)。朗読とか読み聞かせとかやってみたいエッツィーです。
ニート生活も早1ヶ月…順調にだらけてます_| ̄|●←ヲイ
本だけは欠かさず読んでますよ♪TVも無いからね…

投稿: 越後屋 | 2008-01-25 13:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母と妹へ贈るもの。 | トップページ | 雪の夜はひとり。 »